このページのリンクアドレス

エブリスタ
零

小説 ファンタジー

大木犬太

ある朝、主人公は視界に、無数に散りばらまかれた数字が映るようになる

完結

84ページ

更新:2010/07/18

説明

主人公は朝起きると、視界に、無数に散りばらまかれた“数字”が映し出されていた。


その数字は、実はある意味を持っていた。


その数字の意味とは?
そして、主人公は一体どういう行動を取るのか?


小説初執筆、大木犬太(たいぼくけんた)のファンタジーは、面白くないのか!
それとも、あまり面白くないのか!


それは読んでみてもらえれば分かること!


是非黙読ください!

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

大木犬太さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント