このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

私と先輩の百鬼夜行

小説 恋愛 ラブコメ

〇〇〇〇の奇人間交流。

私と先輩の百鬼夜行

騎士L

私……漆原京子は、先輩をとっても殴り飛ばしたいんです。

休載中

34ページ

更新:2011/09/10

説明

「この世界は未だ摩訶不思議な現象に満ち溢れているんだよ、例えヒトゲノムが全て解明されていたってね。そう思えば、俄然やる気が沸いてくるものだよ」

「唐突に突然、なに言ってんですか」


季節は夏。
嫌になるほどの猛暑。

私はとある先輩と部活動中。

非常に微妙な気分。

他人宛てのラブレターが間違って自分の靴箱に入っていたような、微妙な気分。

もしかしたら、違うかもしれない。

原因は多々あるけども、敢えて挙げるとするならば、この部活が超常現象研究部なんてふざけたものだから。

私、漆原 京子。
先輩、源川 亮一。

以上二名の所属している部。

超常現象研究部。

ラブコメにしては常軌を逸してる。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

騎士Lさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント