このページのリンクアドレス

エブリスタ
いとしきあやし

小説

いとしきあやし

立花

人面疽と一緒に過ごす数日間

完結

212ページ

更新:2010/08/28

説明

※あきちゃん
――あきちゃん。
あきちゃんのひざにできた大きなおできが喋り出したのは、おかあさんがいなくなった日だった。
ぱっくり割れたぴんく色の口で、おできはあきちゃんにこう言った。
――ごはんを食べなきゃね!
奇妙でやさしい、おできとあきちゃんの数日間。


※太陽

何もないところで盛大に転んだ太陽は、若いおねえさんに見られて犬に吠えられて、買ったばかりのシャツを破いた。

最悪なことばかりの日。しかし、本当に「最」悪な出来事は、その後に待ち受けていた。

天下の思春期を迎えている彼に起こった、微妙でおかしな怪奇現象とは。



ほか

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

立花さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント