このページのリンクアドレス

エブリスタ
Memory of yggdrasill

小説 ファンタジー

Memory of yggdrasill

アスナ

「この物語は私の欲求を満たすためのものです♪」「違いますよ桜さん」

完結

205ページ

更新:2011/07/24

説明


 斎藤 悠斗(さいとう ゆうと)は何処にでもいる普通の高校生である。


 容姿も勉強も運動も平均かそのやや上をいくという、至って普通の高校生だが、一つだけ他人と違うところがあった。


 そんな彼に稀有な出来事が起きる。


 それは彼の今までの人生の中で無かったこと。
 これからの人生で恐らく無いであろうこと。


 女性からの手紙である。


『お話があります。
放課後、屋上まで来てください』


 短い文章の手紙が靴箱の中に置かれていた。

 差出人は一つ年上で、才色兼備に生徒からの人気が高い生徒会長ーー月守 桜(つきかみ さくら)。



 そして悠斗は今、屋上に立ち、月守 桜と対峙していた。
 桜は頬を赤く染め、恥ずかしそうに言葉を出す。

「私ね・・・初めて見た時から君の事を・・・」


 ◇ ◆ ◇ 

 初めて書く小説です。
 更新は遅いかもしれませんが、最後まで頑張りたいと思いますのでどうぞよろしくお願いします(>_<)

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

アスナさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント