このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

僕が狩人を辞めた日

小説 童話・絵本

僕が狩人を辞めた日

1995

「兎は、只の食料じゃない。」

休載中

5ページ

更新:2010/09/05

説明

森の奥に住む主人公・フレアは、兎や鹿を狩って生活する狩人でした。ある日、満月と同時に兎になってしまい、途方に暮れていると、一匹の兎が現れました。

兎は只の食料だと思っていた少年が、一匹の兎と暮らし、触れ合う内、考えを改めるお話を目指しました。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

1995さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません