このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は3ヶ月以上更新されていません。

破壊の翼

小説 ファンタジー

破壊の翼

春海

(3)

少年が帰ってきた事で、世界が動き出した。

休載中

345ページ

更新:2017/07/10

説明

中央都市ミストラルを治めている五大貴族。
魔物退治を一括しているギルド、他都市や他大陸との外交、ミストラルを脅かす相手に対抗するための武力、内政、法。
この街は五大貴族によって成立している。
その為に、跡取りは幼少の時から戦闘訓練を課せられる。

その中の1人、風を司るヴァンス家の跡取りークリア・ヴァンスの通う学校が、ある日、魔物達に襲われてしまう。

跡取りとして日々、鍛練を繰り返していたが使う機会が無かったことに退屈を感じていたクリアは、学校を守る為、自分の力を試す為、魔物に向かっていくことにした。

そして、クリアはその日を境に行方不明となる。



ーー六年後、クリアが突如ミストラルに帰ってきたことによって世界が動き出した。



※第一部完結致しましたが、修正
によって、更新となる事がございます。ご了承下さい。又、
修正によりページ数が増える事が
あります。



[リンク]
用語説明書です。
読んで頂ければ、よりお楽しむ
ことが出来ると思います。
m(__)m

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

春海さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント