このページのリンクアドレス

エブリスタ
雪兎

小説

雪兎

夜雀

多分感動する兎のお話し

完結

27ページ

更新:2010/08/04

説明

 私は小学生の頃、飼育係でウサギの世話をしていた。
 白と黒の二匹で、そのまんまシロとクロって呼ばれてた。

 ……うん、なんで今こんな事を思い出したかって言うと、目の前にウサギが居るからなんだ。
 雪のようにまっしろな毛並みを、土や傷で汚してしまった一匹のウサギが――




 
のんびり短編( ・ω・)うさ
真夏なのに書いてしまった後悔はしてない

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

夜雀さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません