このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

昼は愛 夜は美麗

小説 ノンフィクション

昼は愛 夜は美麗

野の華

触らないで。心を誰にも見せない。傷つきたくない。サボテンだって花は咲くよね。

休載中

28ページ

更新:2012/02/07

説明

両親が別居して、母姉私で家を出た。生活の為、昼間は営業。夜はお水。1ヶ月に一度は母親に頼まれて、足長おじさんにお金を貰う。一回の食事で五万円。苦しくて でも母にお前だけが頼り。 大丈夫だよって笑ってても心の中は棘だらけ。自分を傷つけた。自然と感情が消えた。 夜のお客様に笑う病気があるの知ってる?泣きたくても笑ってしまう病気だよ。 言われた日の夜、新しい手相をカッターで作ってた。
今は結婚して子供も いるのに、旦那に大丈夫だよ私がどうにかするからねってお水をしてる
お酒安定剤睡眠薬。 心は干からびてる。 サボテン女は強くて弱い。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

野の華さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント