このページのリンクアドレス

エブリスタ
心おもむくままに…『形だけの家族』

小説 詩・童話・絵本

心おもむくままに

心おもむくままに…『形だけの家族』

ユメ

家族で有りながら1人で生き続けなくてはならない、気持ちを作詞しました。

完結

5ページ

更新:2010/08/11

説明

題名『形だけの家族』



人間が産まれてから直ぐに所属するのが『家族』
だよね。


家族がいないと
小さな赤ん坊は
生きてはいけない存在だよね…





家族に
見捨てられた
赤ん坊は
生きられない
存在

それが
私だった





私は
何も頼ることが出来ず
1人で
生きて来なくては
ならなかった
人生。






母親の愛情も
父親の愛情も
知らずに育って来た
人生。





母親からも
父親からも
何も
与えられないまま
育ってきた私に
残された
物は
何か
あったの?

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

ユメさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント