このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

hand of the delete

小説 ファンタジー

hand of the delete

読ミ人知ラズ

とある昔、彼は神の左手を授かった

休載中

31ページ

更新:2014/01/28

説明

 >今でもはっきりと思いだせる。
この力が覚醒した時は、とても悲しい事が起こった日で・・。
この力がなければ妹の‘弥生’は助からなかった。
だけどコレは誰にも知られちゃいけない秘密。
そう、俺だけの秘密。
ーー 魂だけの存在とコンタクトがとれること ーー
ーー 左手で触れた存在を消すこと ーー
 
一つめは幽霊ってヤツを見れる、話せる、触れられる。
ーー それが良くも悪くもさ ーー
二つめの消せる能力は何でもいい。
記憶、傷、力、意志、存在、疲れ。
もしかしたら、死も取り消せるかもしれない。
まぁ、世の中そんなに甘く無いんだけどね・・。
それに‘類は友達を呼ぶ’って話しだしさ。
これは、そんな俺の不思議なお話。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

読ミ人知ラズさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント