このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

吾輩は胎児である

小説

吾輩は胎児である

ライトマウス

脳内妄想を小説化しました。

休載中

4ページ

更新:2010/08/28

説明

この小説について説明します。

タイトルは夏目漱石の『吾輩は猫である』のパロディです。

内容は『吾輩は猫である』とは99.9%関係ありません。(冒頭だけ引用しました。)

「もしも胎児に意識と知能があったら」という妄想をした時のものを小説化しました。

健常な精神を持つ方はこの作品を読まないことをオススメします。

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません