このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

それは一種の病気でした

小説 青春・友情

それは一種の病気でした

キョロり

「国家危惧種認定?何ソレおいしいの?」「慎吾くん、おいしくはないと思いますよ」

休載中

88ページ

更新:2014/10/18

説明

おれは間宮誠。一人暮らしの大学生。自分で言うのもなんだが、かなりオカシイ18才だ。


わたしは間宮真琴。一人暮らしの大学生です。自分で言うのもなんですが、かなりオカシイ18才です。


2人の間宮まことが織り成す青春ストーリー。ぽろりもあるよなわけないよw



表紙
龍太郎様にいただきました。
[リンク]ありがとうございます。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

キョロりさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません