このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

俺は今大切なものを失った

小説 ホラー・オカルト

俺は今大切なものを失った

†極† 須賀

「俺は…生まれて始めて、大切なものを失った……それは何だったかな…」

休載中

29ページ

更新:2011/02/03

説明


無人島=一般的に、人の住んでいない島。人のまったくいない島のことを言う


昔、この島に不可思議な事件が起きて以来
島に住んでいた人たちは
一夜にして消えてしまい、それ以来この島は


  無人島と化していた…


はたから見れば、人の侵入を拒むかの様な島影…

しかし、余り売れていない虎憂慈の元に一通の手紙が届いた。

手紙の内容通りに集まった所は
例の無人島だった

なぜ無人島からの手紙がきたのか
理由は誰もが知るよしもない

島に集まった人達は虎憂慈含め数十人
手紙に搭載されていた地図の通りに道をたどると
場外れな豪邸が建っていた


その豪邸がそびえ立つ島の名は

    薩勠島
    サツリクジマ

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

†極† 須賀さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません