このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

紅の空

小説 SF

紅の空

カンサメ

そして夢は、紅の空に終わる。

休載中

41ページ

更新:2011/03/07

説明

2025年。

食物連鎖の頂点に現れた新たな種によって人類は蹂躙されていた。
そして人類の滅亡も現実味を帯びてきた2028年。

人類は滅亡の運命に抗う手段を生み出すことに成功する。

それは、毒をもって毒を制す、人の道を外れた苦渋の選択。

それによって生み出された、敵に対抗しうる唯一の手段『新人類』。


一度未来をなくした彼らの未来は、どこにあるのか。

不器用に、彼らは手探りで自身の未来を探し続ける。




※グロテスクな表現が若干含まれます※

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

カンサメさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません