このページのリンクアドレス

エブリスタ
二丁目、七番地にて。

小説 恋愛 その他

二丁目、七番地にて。

福岡留萌

百二十。それが彼女に与えられた時間。

完結

11ページ

更新:2010/12/01

説明

いつだって、俺が鬼だった。
いつだって、彼女は隠れた。
そんな日々が、いつまでも続くと、そう思っていた。

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

福岡留萌さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません