このページのリンクアドレス

エブリスタ
夢見の世界

小説 ミステリー

オリジナル

夢見の世界

ロアグリーン

目が覚めればそこは見覚えの無い洋館だった。

完結

45ページ

更新:2010/11/06

説明

目が覚めればそこはーー

ーー見覚えの無い洋館の一室だった。

「何ここ?」
「知らない場所だ」
「誰か居ませんかああ?」


◆◆◆◆◆

ドアにドアノブが無いその部屋の中で…。

自分の名前一つ記憶に無い私はそこで…。


――言葉を話す一つの人形と出会う―――


『ここは夢見の洋館よ』
『あなたも迷い込んでしまったのね。とても大切な落とし物を見付ける為に』
『私の本当の姿はこんな人形じゃないわ。悪い魔法使いに呪いをかけられて今の姿にされてしまったの』
『私が殺したから』


◆◆◆◆◆◆


夢見の世界から抜け出る為に大切な落とし物を探しに奥深くまで足を踏み入れる私と…

自分の本当の身体を取り戻す為に私を誘う人形のエリー。

そこで……
この世界の意味を知った時……
物語の真実が顔を出す。


『ここは夢見の世界……願いを現実に変える力があるわ』


それは不思議で、

少し不気味で、

そして切ない物語。



◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆


ロアグリーンが描く不思議系短編小説です♪
未熟者が描く拙作ではありますが、ご拝読のほどお願いします。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

ロアグリーンさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません