このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

SEED DESTINY┥黒き部隊の始動┝

小説 SF

SEED DESTINY-if-

SEED DESTINY┥黒き部隊の始動┝

マクシハラ

ジブリールは死んだ、がまだ現ブルーコスモス代表は生きていた

休載中

123ページ

更新:2011/05/31

説明

光と闇の名を持つ2人がC・Eに現れた

彼らは無次元の世界からやって来た

彼らの呼び方は調整者、監視者、観測者など呼びたいように呼べばいい

デュランダルに起きた過去の事故、そこで貪欲にも彼が持ち帰ったアナザーテクノロジーの破壊が2人目的

なのに闇が光を裏切りデュランダルに加担、C・Eという世界の変化。その変化が他の世界にどの様な影響を与えるのかを知りたいのだと言う

光が助けを求めるのはシン、シンに光が会えたなら…

現ブルーコスモス代表アルガック・バン・セア。35歳のブルーコスモス史上初の女性代表である

アルガック・バン・セアはジブリールの死を喜び、彼とは違って静かにゆっくりと動く

大事の前、彼女は時間が欲しい

デュランダルは彼女の動きを察知しつつも、何もしようとせず彼女が動き出すのを待っている

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

マクシハラさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません