このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

愛情表現

小説 恋愛

愛情表現

ぱいんうぇる

彼を好きになったらいけない、きっと嫌われる。でも私だったら‥

休載中

92ページ

更新:2011/09/23

説明


―――――沢村雪

高2の冬
人生で3人目の彼氏にふられた

フラれるときのセリフは
いつもおなじ。

“本当に俺のこと好きだったの?”





初めて自分から
ちゃんと好きになった人、
同じクラスで学校の王子さま。

彼のことを好きになったら
彼はきっと私のことを嫌う。


それでも、ばれない自信はある
だってどんなに頑張ったって
彼氏に私の気持ちが
伝わったことなんて
なかったんだから。



沢村雪、高2の冬、
好きな人に嫌われないために
好きなことを隠します。




.

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント