このページのリンクアドレス

エブリスタ
街の風使い

小説 ファンタジー

風使いの本

街の風使い

桜井 志

――これが、精霊師のすることか。

完結

109ページ

更新:2007/08/11

説明

国立クイ学園精霊師育成学科、ルーウェン。
剣術使いアサヒと過ごした3年の学園生活は、終わり間近。
精霊師となり、上機嫌で帰郷する彼を待つものは――狂気。




▼合わせてどうぞ▼
1『鈴の風使い』
――落ちこぼれと優等生の学園生活。
2『竜と風使い』
――竜を語る少女と過ごした夏。
(番外)『白の風守り』
――少女と少年、プライドと友情。
4『花と風使い』
――少女の殺意と二人の青年。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

桜井 志さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません