このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

幽欝の海に漂う光

小説 青春・友情

幽欝の海に漂う光

雨衣 梓

転落死、秘めた憂鬱、残されたピース、彼女の片思い、真冬の旋律。

休載中

11ページ

更新:2010/12/13

説明

寒い冬の日だった。
新田一馬(ニッタカズマ)は海が一望出来る灯台から自ら飛び降り、この世を去った。

先輩が世界に残した爪痕は、しなやかに、ささやかに、彼等の胸を締め付ける。

吹奏楽部の浅川奏美(アサカワカナミ)

帰宅部の森島英司(モリシマエイシ)

三人の接点は、図書室。

自殺の原因と、先輩の思惑。
それぞれの憂鬱と恋心が、残されたピースに解かれ、導かれる。

これはとある島の、
高校生たちの物語。

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

雨衣 梓さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません