このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

桃太郎?

小説 詩・童話・絵本

桃太郎?

まこ&とも

桃太郎のもう一つのお話

休載中

6ページ

更新:2008/03/31

説明

むかし②ある所にお爺さんとお婆さんが住んでいました。お爺さんは山へ芝刈りにお婆さんは川へ洗濯に行きました。
ここまでは有り得る話だねぇ?。
お婆さんが川で洗濯をしていると川上から大きな桃?ェドンブラコッコ②と流れてきました…。
お婆さんは大きな桃??家に持って帰りました。お婆さん結構パワフルだよね?h?h
大きな桃??食べ様とした時桃?ェパカッと割れて中から元気な男の子がオギャア?ル…って有り得ないよォ???魔オかも桃?ゥら生まれたから桃太郎ってかなり適当?h笑
そんな適当な老夫婦に育てられた桃太郎は当然の様にグレてしまいました。それから数年の月日が流れ立派に歪んだ桃太郎は今日も犬塚(ニックネーム:ブル)と猿渡(ニックネーム:エテ公)霧嶋(ニックネーム:キジ君)と林の中で煙管(キセル)をふかしていました。
桃太郎?uなんかこの腐り切った世の中にガツンと一発かましてやりてぇなぁ」
キジ「あぁ」
エテ「となりの鬼ケ原高でも制圧すっか」
ブル「鬼ケ原高って名前はいかついけどガリ勉野郎ばっかじゃん」?u俺達がやらなきゃ誰がやんのょ」
こうして桃太郎の身勝手な世直しが始まりました…。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

まこ&ともさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません