このページのリンクアドレス

エブリスタ
秋影

小説 詩・童話・絵本

秋影

零崎尖識

例にもよって宿題(という設定)です。

完結

2ページ

更新:2007/06/14

説明

夏雲の悪行は見事に先生にばれてしまいました。
今度は秋の詩を書かなくてはいけません。
あまりにやり過ぎると先生に怒られるので作者は自重することにしました。
気付いて下さい。心は何かを叫んでいます。
夏雲を先に読まないとわかりません。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

零崎尖識さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません