このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

死神たちの愉快な日記

小説 ファンタジー

愉快な日記シリーズ

死神たちの愉快な日記

黄昏 奏

「死神って…………本当にいるのか?」 「当たり前だ。常識だぞ」

休載中

56ページ

更新:2012/04/07

説明

あなた達人間が生きている世界とは別に、死後の世界があります。
生きているあなた達は知る由もないけれど。


そして、その死後の世界に行く魂たちの案内人兼管理人――
『死神』たちが、あなた達の世界にいるんです。
見えないけれど、たいてい、毎日。


私が言っていることは本当ですよ?
何せ、私は……全知全能の『神様』ですからね?



表紙は、AYA様[リンク]にかいていただきました?ヘ


7ページの挿絵は、†沙駆夜†様[リンク]に、
20ページの挿絵は彼方様に[リンク]かいていただきました??





◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

誤字、脱字、物語上の矛盾がありましたら、ご指摘お願いします?ュ

更新遅めです?ソ


自分は、未熟ですが、頑張って書くので、読んでいただければ、うれしいです??

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

黄昏 奏さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント