このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

白い砂漠に金色の死神と赤い月

小説 ホラー

白い砂漠に金色の死神と赤い月

御木くらは

ある国の1人の男が、不治の病を発症した。その病にはある特別な兆候があった……。

休載中

170ページ

更新:2014/07/07

説明

 
新しい作品を書き始めました。
一人芝居風(?)の物語です。
 
 
男がかかった病気は……発見されてから5000年経った今も、薬も治療方法も見つからない不治の病だった。
症状が進行すると髪と瞳が人間ではあり得ない金色に徐々に変わっていき、両方が完全に金色に変わると『完全体』と呼ばれる細菌拡散源になる。

男はみるみる間に弱っていき、王命により最果ての砂漠に放棄される。
全てに復讐を誓いながら、男は死に向かっていた…………。
 
 
?e2010.11.25 公開開始
 

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

御木くらはさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません