このページのリンクアドレス

エブリスタ
魔法使いツツジ

小説 ファンタジー

魔法使いツツジ

魔法使いツツジ

月読猫

昔だか今だか、山の中でひっそりと暮らすツツジと仲間たちのお話。

連載中

141ページ

更新:2018/04/02

説明

※少しずつ公開します。
変な所や分かりにくい所など、教えていただけたら幸いです。


森の奥にある小山のように大きな“龍の木”
そして、その木の枝にある小屋に暮らす“ツツジ”
道のないそこに行き来するのは、道が必要ないものばかり……

○ツツジ
魔法使いと言われる非常に長寿な一族。
見かけは若く美しい女性。
小屋に引きこもり気味。

○サクラ
ツツジの兄だが、ときどき姉になる。
妹思いだが、女性の時は仲間たちに恐れられている。

○黒糖
元カラスのツツジの使い魔。
人間に変身した姿は誰かに似ているとか。

○黒蜜
元黒猫のツツジの使い魔。
本人にその気はないが、人間に変身した時の笑顔は人心を惑わせる。


『赤い飛行船』[リンク]
少年が追いかけた飛行船の先には

『カラスのカシス』[リンク]
一羽のカラスとツツジとの出会い

『白壁ロリィタ』[リンク]
白壁の洋館には、ちょっぴり変わった人達が居て……。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

月読猫さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

サポーター特典

スターを投げるとサポーターポイントを獲得できます。

この作品の参加イベント