このページのリンクアドレス

エブリスタ
楓色の約束、奏でる想いと

小説 恋愛

あんだんて!

楓色の約束、奏でる想いと

けんちょん

(3)

楓「き、き、君を食べさせるつもり!?」奏「ち、違うよ!?」

完結

633ページ

更新:2013/05/07

説明

例えば、俺が大嫌いなこの醜い自分を殺したとして。

──例えば、僕が大嫌いなこの世界を殺したとして。

そうしたら、この人身はどんな世界を生きて、この瞳はどんな世界を映すのだろう?

──そうしたら、この世界はどんな風に生まれ変わって、どんな風に僕を生かすのだろう?

答えは多分、憧憬し続けた世界だ。

──答えは多分、憧憬し続けた世界だ。

『でも、その世界に自分が居ることは無いだろう』

だって、自分自身を殺してるんだから。

──だって、僕の世界じゃないんだから。

『これは真実の自分を探す物語』

【あんだんて!】another story☆ミ

*Kanade√?*

なんでもない日常をセルフでクレイジーに堪能していた主人公はある日、持ち前のトラブル体質と主人公にあるまじき失態で仇敵と再会してしまう。

仇敵のお嬢様とその家族に翻弄されて華麗に変態的なジョブチェンジを繰り返す日々の中で、主人公は何を失い何を失うのか。

楓「一章だけで失う物が無くなったと思ったら大間違い」

この先にあるのはとことん主人公が突き落とされ、挙げ句被虐癖に目覚めて幸せになる……そんなお話。

楓「えっ?」

☆表紙を『神名 雨』さん [リンク] に描いて頂きました!☆


ひとこと
応援およびヒトコト等でのコメント(ツッコミ)いつもありがとうございます。
返事などは控えていますが、とても励みになっていますので、これからもよしなにして下されば幸いです!
誤字脱字の報告やご指摘等は随時歓迎しています。

この作品のタグ

作品レビュー

けんちょんさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

サポーター特典

スターを投げるとサポーターポイントを獲得できます。

この作品の参加イベント