このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

VampirePrince 愛しき血

小説 ファンタジー

VampirePrince 愛しき血

幻の禿人

ありふれた青年が、突如ヴァンパイアに……。怨念と愛情と様々なものが入り乱れ合う。

休載中

16ページ

更新:2015/10/22

説明

ちょっと理解出来ないんだが、なんだこの状況は。待て、落ち着け。
まず目の前には変わった奴と化け物がいて、化け物の方の首が飛んで、ん?あれ?
首が、首が…?飛ぶ?

「人殺しィィィィィィイ!!」
思わず口から出たけど、人じゃないよな。うん。化け物だし別にいっか。

って、あれ?なんでこっち来るの?
まさか見られた以上俺を殺すとか、か……?


「イヤァァァァァア!!」

悲鳴をあげた瞬間、奴が目の前にいて、視界が暗くなった――。



※気分屋です。
お陰で文章にムラがあります。
お陰で手抜きがでてきます。
自分が飽きないよう、
小刻みに区切っていきます。
後々修正はいります。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません