このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

-背負った傷は死ぬまでのこる-

小説 その他

-背負った傷は死ぬまでのこる-

もも

中1の頃初めて親が離婚してたことをしった…。

休載中

2ページ

更新:2011/02/13

説明

私は夜布団の中…

私は幼稚園の年長から
捨てられてたんだ…。
親にとってゴミなんだ。

そう思うと
このとしになっても涙が出てくる。


私には姉と弟がいる。

私の母は料理ができなくて
遊んでばっかの人だった。
父は会社員で立派な人だ。

姉と弟が仲良かったから
私はいつも1人ぼっち、
そして母は姉と弟が大好きだ。
私と姉、私と弟がケンカしてもいつも私を殴って怒る。

1人ぼっちになった私は
父にしがみついた。

父は私を大事にしてくれた。
家族ながらも、
母は私にやいていた。
母にとっての夫
私にとっての父
いつの間にか小1ぐらいから
母VS私になっていた…

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません