このページのリンクアドレス

エブリスタ
君がいなければ僕は何も変わらなかった。

小説 恋愛

君がいなければ僕は何も変わらなかった。

佐波 海斗

(1)

「もう、別れてほしいの…」この一言が優斗を変えていく。

完結

414ページ

更新:2018/06/08

説明

忘れられたもの…


忘れられないもの…


握り潰されたもの…


交差するもの…


隠されたもの…



━━━━━━━━━━━━

カテゴリランキング最高49位(←奇跡w)



読んでくださる方、読んでくださっている方本当にありがとうございます。



緒注意

明るいところで、画面から適当にはなれてお読みください。

なお、この小説は作者本人の自己満足によって成り立っております。
ゆえに過度の期待は心身的障害(頭痛、めまい、吐き気等)を伴う場合がありますので、過度の期待は避けてください。
本作によって、体調を崩されましても作者は責任は負いかねます。(笑)



作者より


最初の方からちょこちょこ手直ししてますので前後関係が怪しくなっている、または、しおりがずれる場合がありますがご了承ください。



と、
長くなりましたがごゆるりとお楽しみ下さい。



この作品のタグ

作品レビュー

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません