このページのリンクアドレス

エブリスタ
輝く陰

小説 ホラー

輝く陰

山田

輝く陰は動き出す。愛を…過去を…想い出を求めて。

完結

8ページ

更新:2011/02/19

説明

白馬に跨がる王子様。

彼は数々の才能に恵まれた、なるべくしてなった勇者。

彼は求める。自分と共に歩む姫を……………。




王であり、かつては勇ましい勇者であった父と、とても美しい母をもつ女の子。

当然の様にして生まれた絶世の美女であり、お姫様でもある。

彼女は求める。自分を愛してくれる美しい王子様を……………。




そして、そのお姫様を密かに慕う召し使い。

彼は求める。決して叶わない恋を…………。





3人は出会うべくして出会った。


しかし、運命とは残酷なもの。

王子はある者に殺され、姫は召し使いを残して後を追う。


当然、残るは召し使い。

顔も腕も全てにおいて王子より劣る召し使い。


悲しみの果てに彼は…………。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません