このページのリンクアドレス

エブリスタ
命の重さを秤にかけて

小説 ミステリー

復讐がテーマの物語

命の重さを秤にかけて

NEW

クラスメイトの公開処刑。人質救出ゲーム。

完結

391ページ

更新:2012/08/19

説明

拘束されたクラスメイト。


その顔は恐怖でひきつっていた。


メールによって伝えられた動画ファイルが告げるのは、


平穏な学園生活の終わりだった。


“処刑人”の指示に従わなかった場合、


四日後には、その生徒を処刑するという。


“処刑人”の目的はただ一つ。


白河(シラカワ)シオリを死に追いやった者を見つけ出し、


全てを告白させ、その命をもって償わせること。


クラスメイトが次々と殺されていく中で、


シオリを死に追いやった張本人は、


何を思い、何を感じるのか。


全てを告白すれば、クラスメイトの命は助かるが、


自分の命は失われる。


このゲームを終わらせる為に、


神樹(カミキ)トウマは動き出す。


自分の命と、他人の命。


命の重さを秤にかけて。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

NEWさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント