このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

夜叉

小説 ファンタジー

夜叉

斉藤龍牙

最近、銀魂を見ていてそんな話を書きたいので書いてみます

休載中

3ページ

更新:2011/04/05

説明

かつて、魔物に似たような生き物がいた・・・
その生き物は、突如として我等が星「地球」にやってきて支配し始めた
人間とは桁の違う力を持つ生き物の前には太刀打ちできるはずもなかった
人間はその生き物にひれ伏して行く中、自らの国、自らの領土を守るため戦う者もいた
地球は大きく二つの領土に別れたのだ
生き物に従う人間は「志しをなくした者」、『志失』と呼ばれた
その生き物は人間から『翔人』と呼ばれた

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

斉藤龍牙さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません