このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

間者ーカンジャ

小説 歴史・時代

歴史シリーズ

間者ーカンジャ

マメ

(6)

歴史時代小説

休載中

289ページ

更新:2017/02/28

説明

数ある歴史時代小説から本作を選び応援してくださる方々、ありがとうございます。
励みになり、話を進めていく力を頂いております。



この場をお借りしてありがとうございます。




番外編[リンク]

エブ三位や…2011、11月、特集《時は幕末、動乱の物語》に選ばれました。恐縮です(>_<)



流れゆく刻は、疾風の如く。
荒れる治安、荒れる時代。

【幕末】


その中の間者ーーカンジャ。に着目。


間者とは……間に立つものを意味するが。


思想の架け橋と呼ぶ者はおらず……。




水戸、長州、肥後、壬生浪士組、幕府、薩摩、会津、京、土佐。


これは戦乱の激突する義の狭間に生まれた、小さな小さな物語。

















本作は、主人公以外の苦悩や葛藤も綴ります。
保守派、佐幕派。悪。正義といった見方のある方や、固定観念のある方などは、肌に合わないと思いますが御理解頂ける方はお進みください。












話の中で、伝えたいものが伝わればと思います。
主人公はあくまで、スパイス。
物語なので、話の流れが主人公が主として考えていただけたら幸いです。
















前作から長年応援して下さっている方や、いつから書いてるんだ。と、古ぼけた作品にも関わらず日々感謝ばかりです。ありがとうございます。

目にとまり表紙を広げてくださった皆様へ。
ありがとうございます。


























2010年開始日~



2013年7月カテラン1位と読者の皆様ありがとうございます。




















この作品のタグ

作品レビュー

マメさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

サポーター特典

この作品の参加イベント