このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

POWERD CELL

小説 SF

POWERD CELL

片羽の妖精

各地で発現が確認されつつある特殊能力者。彼らはそれぞれの思いを胸に秘めていた。

休載中

66ページ

更新:2014/03/05

説明

ある奇妙な現象の発生が確認されている。


それは平凡な人々に突如、スーパーヒーローのような超能力が備わるというもの。


ある者は空を飛び、ある者は未来を予知し、ある者は物に触れずに動かすなどの能力を手に入れ、使命を感じる者もいれば、不安を感じる者もいる。


そんな中、ジーンテック社のエージェント、サムエル・リンダーマンはある能力者との接触を機に特殊能力を用いた戦争から世界を救うというミッションを負わされる事に。


そして、最強の力を誇る能力者である"傷の男"が暗躍を始める。


いったい誰が、何のために、彼らにそんな能力を授けたのか。


その力は人類を救うか、それとも……





……みたいな事を厨二の頃に考えていたのでそれを実際に小説にしてみたいと思います。

XーmenとかHEROESとか好きな方にどうぞ。

ド素人ながら表紙、描いてみました。

アドバイスとかあればお願いしますm(_ _)m

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません