このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

angel

小説

angel

爆弾発言

「き、君は?」 「私は――――」 僕は自分の目と耳を疑った

休載中

7ページ

更新:2012/01/05

説明

僕はいつも同じ道を通って学校に向かった。

だがいつもと違う事がおきた、それはある女の子との出会い。


道端で倒れている彼女、気が動転している自分

「と、とりあえず生きているか確認を。」

と、いきなり


バサッバサッ

上からなにかが降りてきた



―――――――――




この小説は作者の夢から出来ています

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

爆弾発言さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません