このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

『愛してる』の意味

小説 恋愛 純愛

『愛してる』の意味

正 和

主人公 大澤孝弘(27)が『愛してる』とは何なのかを模索していく純愛小説です。

休載中

84ページ

更新:2014/08/02

説明

主人公の大澤 孝弘(27)は平凡な生活を送っていた。
平凡な大学を出で、無難に平凡な会社に就職し、年下の彼女ができ、毎年当たり前ではあるが歳を取っていく。
何もかもが平凡で、ありふれている毎日。
最近、夢を叶えて大阪に行った彼女と擦れ違う日々が続き、孝弘は淋しさと空虚感を覚えていた。
正直、彼女の本当の気持ちが読めなくなって来ていて…

ある日、彼女の『陽子』が事故に遭ったと連絡が入った。

…何も考えられなかった。

会社に無理を言って早退させてもらい、着の身着のまま大阪行きの新幹線に乗り込み、やっとのことで病院に着くと、彼女は白いベッドの上で静かに横たわって居た。

…まだ何も考えられなかった。
何が起こったのか分からない。
頭が破裂しそうに痛かった。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

正 和さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント