このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

勇者と賢者と商人と

小説 ファンタジー

勇者と魔王

勇者と賢者と商人と

零千 涼

勇者が勇者のようで勇者ではないようで、別のもののようでそうでもないような──。

休載中

170ページ

更新:2011/12/19

説明

 

どんなファンタジーな世界にも、細かな内容は違えどよくある話。魔王が復活して、それを勇者が倒す旅に出る。この世界も例外なく、魔王が復活し、その魔王を倒す勇者も誕生していた。


世界がその勇者を必要とし、もちろんその勇者も見つかった。しかし、その勇者には問題があったのだ。


「何のために勇者って存在しているんだろう?」


とある世界の勇者の、勇者らしくない冒険が始まる。彼はその冒険で何を見付け、どんな答えを導き出すのか──。


「シリアスっぽいけど、これって実はギャグなんだよな」


「真面目に纏めたのに、なんで台無しにするようなことを言ってしまうのかな」


作者、どうしてもシリアスにしてしまいがちですが、頑張ってギャグにしていくんで、応援よろしくお願いします←


この小説は、作者の書く「魔王のレベルの上げ方」と同じ世界観、時間軸となっています。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

零千 涼さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません