このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

殺し屋の護衛

小説 ファンタジー

殺し屋の護衛

楼閣

殺し屋の少年が護衛のために学園へ入学!?

休載中

100ページ

更新:2011/04/16

説明

魔法が当然のように渦巻く世界。

全ての日常は魔法を必要とし、世界は魔法に呑まれていた。

誰もが魔法を欲し、それを手に入れようとする。

そして世界は変わっていく。



「てめえらみたいな下種は今ここで……殺す」
あらゆるものを破壊する、殺すことしか知らない道化。


「私は……そうですね。世界が平和を保ってくれれば、それでいいんですよ」
ただただ世界の平和を渇望する、温厚な少年。


「強くなりたい。大切な人を守れるぐらい……」
自分を嫌い、力を求める。無垢でか弱き貴族。


「誰かを笑顔にできる、それだけで凄いと思わないかな?」
常に他を優先する、儚くも強き少女。


これは魔法と戦う少年の物語である。




公開開始日:3月21日

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント