このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

黒猫が語る物語

小説 歴史・時代

黒猫が語る物語

愁夜

これは、黒猫が私に教えてくれた、不思議で温かい物語…

休載中

27ページ

更新:2012/03/18

説明



「お嬢さん」

-京都・とある丘-
そこで出会った不思議な黒猫が語ってくれたのは、とても不思議でとても温かい物語…


――――――――――――――

新撰組のトリップ小説です。

作者は文才が皆無なので、ご了承くださいm(_ _)m



※1 一応史実にそって書こうとは思っていますが、かなり反れると思います(^_^;)

※2 この話は、フィクションです。

※3 作者は京都の方便を知らないので、違うと感じるかもしれませんが ご了承ください

※4 当時使わないような言葉が入ることもあります

※5 誤字、脱字がございましたら、作者までお知らせいただけますと幸いでございます

※6 たまにページが増えていないにもかかわらず、更新されている場合があります。

以上を踏まえてご覧ください


それでは、『黒猫が語る物語』をお楽しみくださいm(_ _)m

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント