このページのリンクアドレス

エブリスタ
正しい超能力の使い方。

小説 SF

正しい超能力の使い方。

井口 瑛

(1)

「あんたが思ってる程、俺たちは弱くないんだよ。」

完結

536ページ

更新:2012/10/15

説明

最新ニュースです[リンク]。←10.18更新?



今から20年前、地球に隕石が墜ちた。


その隕石は日本の関東地方の山奥に墜ち、すぐに落下した隕石に調査団が派遣された。
この物質が何なのか回収され調査されていると、それと同時に人間にある変化がおきた。



それは、口から火を吹く者や空を飛ぶ者など超能力を使う人間が現れたのだった。




調査の結果その隕石が原因と解り、いつの間にか不思議な力が宿る石「月の石」と呼ばれるようになった。




今では各国が超能力に注目し、ビジネスや日常的生活にも使われて、今では軍事利用もされている時代になっている。




これで人間は正しい未来を歩む事が出来るのか……





そして、物語の主人公は超能力者養成学校「赤月学園」に通う16歳の少年。




学園SFバトルファンタジー!



・この作品は作者の処女作です。


2012.4.19
モバSFカテ最高7位

2012.10.15
第一部完結。

201x.xx.xx
第二部スタート。



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


表紙は影虎さんに描いて頂きました![リンク]



【IAGの他の作品】


《殺し屋安定相談所》[リンク]



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

この作品のタグ

作品レビュー

井口 瑛さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント