このページのリンクアドレス

エブリスタ
スモールワールド

小説 青春

スモールワールド

東條ナナ

私が存在している意味を教えくれたアナタは嵐の様な人だった…

完結

71ページ

更新:2011/05/02

説明

都内の公立中学校に通う中学三年生のレイ。


アルツハイマーの祖父を家族に抱え、イジメにあっている事を両親に伝えられないままでいた。


そして死について深く考えていた。


私の存在している意味なんて分からなくなって居た。

そんな、ある日、私のクラスに転入生がやってきた。

私、もしかして変われる?

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

東條ナナさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント