このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

届かない想い

小説

届かない想い

杏子

これは儚い恋愛を詩にしたものです

休載中

8ページ

更新:2012/02/08

説明

拝啓
大好きな貴方へ


桜の木々も、春を告げる風に吹かれ、青々しい葉を覗かせていますね。


貴方は如何お過ごしでしょうか?

私は、毎日移り変わりのない日々を過ごしています。


届かない想いは、春を告げる風に吹かれても、花びらのようには舞い散りません。


貴方は心からの笑顔で笑えているのでしょうか。


顔が見えない分、心配でなりません。


今日は、貴方の幸せを願って詩を贈ります。


貴方のように、上手く言葉には出来ませんが、私の心がつまっています。


いつか、私が羽ばたけるように…


いつか、貴方が


幸せになれますように…


いつも貴方の幸せを願っています。


敬具
來風羅


この詩は完結にしません。


完結になる時は


私の恋が舞い散った日でしょう。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

杏子さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません