このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

こえをきくもの 第三章

小説 ファンタジー

こえをきくもの

こえをきくもの 第三章

師走ハツヒト

声を聞く者と届ける者の物語。自作RPGのノベライズ。

休載中

49ページ

更新:2011/11/27

説明

こちらは第三章のみを収録予定。

ここに刃を取り立ち上がった者がいた。
つまり王が重税を課して国が乱れたという事だ。

ありがちに何故か国中に狂獣が蔓延り
ありがちに当然国中に血の臭いが充満し、
ありがちにもはや何をするにも武力しか道が残ってないのだった。

しかしありがちでないのは…。

声を聞ける者と聞かれる物、聞けなかった者と言わなかった者、聞こうとする者としない者、聞かせる者と言わせる者。

知れば後には戻れぬ秘密、受け取る勇気はありますか。

常識に挑戦する制作中RPGのノベライズ、だけどゲームより多分小説先行。

初挑戦中の長編小説。三ヶ月に一章ペースで頑張ります。

※この作品に限り、登場キャラクターの特徴により♪とが使用されます。絵文字・記号が苦手な方は、御了承の上お読み下さいませ。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

師走ハツヒトさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません