このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

パシりの彼女

小説 恋愛

パシりの彼女

パシりの彼女

岡崎

パシりなんて…あたしが投げ出せばすべて終わりだった。

休載中

88ページ

更新:2013/12/11

説明

  石原七海(パシり)

 鈍感でおっちょこちょい。
 情と押しに弱く
 好きな物はココア

     ×

  吉岡司(パシらせ)

 学校でも有名なイケメン。
 素直じゃないがたまに優しい。
 口癖は「5秒以内」



小学生時代、内気でトロかった七海を変えたのは、他でもない司だった。
そんな2人が高校で再開し七海と司の関係はパシりとパシらせになってしまったのである。

しかし、七海の気持ちは日に日に変化していた。


「もぅ、司君のパシりやめる」

「は?」

「七海ちゃん……吉岡ばっかり見んなよ。……俺を見ろ」

「あたしと司君はパシりとパシらせ。それだけの関係だよ…」



2人の関係はどうなっちゃうの!?



検索ワード
パシり/パシらせ/ココア/鈍感/素直/天然/馬鹿/ピュア/学園/高校/気まぐれ/小学生

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

岡崎さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません