このページのリンクアドレス

エブリスタ
月光の彼方

小説 ファンタジー

black rain

月光の彼方

kurosu

人を狩るダークファンタジー

完結

66ページ

更新:2011/08/05

説明

長い時間を過ごした。
千年?二千年?それよりも、もっと長い時間を過ごしている。

遺伝子の突然変異により、吸血鬼になって、吸血鬼のくせに日光に当たっても、十字架を見てもどうにも成らない。

ただ、殺されたいがために殺して、村を血の海にした。

それを長い間、繰り返した。
殺している間は自分を忘れられる。
終われば、虚空の自分に戻る。

そのいてつく先は何が待っているのだろうか。
命の価値、人の価値を求める吸血鬼の物語。

用語は物語が進むにつれ増えます。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

kurosuさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント