このページのリンクアドレス

エブリスタ
君が「殺して」と言ったから

小説 ミステリー

復讐がテーマの物語

君が「殺して」と言ったから

NEW

「先生を殺してくれたら、私の全てをあなたにあげる。」

完結

127ページ

更新:2011/06/28

説明

「私のこと、好き?」


この一言から全てが始まった。


「先生を殺してくれたら、


私の心も身体も、全てその人にあげる。」


華宮レイは真面目な顔でそう言った。


僕達七人はいつも一緒だった。


男五人、女二人。


幼稚園から高校までずっと一緒の幼なじみ。


そして男五人、皆レイちゃんが好きだった。


華宮レイをかけた人殺しゲーム。


例えこの先に不幸が待ち受けていたとしても、


華宮レイを手に入れるためなら。


君が「殺して」と言ったから、


僕達は先生を殺す計画を立てた。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

NEWさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント