このページのリンクアドレス

エブリスタ
ヤヌさん、あのね、

小説 詩・童話・絵本

ヤヌさん、あのね、

ピョコラ

(1)

セトルリン絵本。

完結

159ページ

更新:2014/12/14

説明

こんなに 無邪気で、

こんなに 可愛いのに。

こんなに 真っ白で、

こんなに ぷにぷになのに。

そして、





「ハーーーーーーーーッ!
ヤヌさんに元気おくっときました♪」





優しい子です。


そんなセトルリンの話。


よくある話。


切なく、悲しい話。




BGM:言葉にできない




ヤヌさん、あのね、
聞いて欲しい話があるの。


これは全てのヤヌシへ捧ぐ物語。



作品注
※中身:ほぼ手書き、写メにて汚い。けど愛はある。
※この物語は限りなくフィクションに近いノンフィクションである。
※ヤヌバカとは親バカのこと。


【最後に】
ヤヌさん、あのね、セトルリンが12月16日で終了になるようです。なので、この物語もおしまいになります。公式サーの書き込みを見るたびに心ないヤヌシを無くそうと描き始めたけど、そんなヒトもだんだんと減ってきて今じゃセトさんを惜しむヤヌさんが戻ってきたり、コメをしてるのを見てもう大丈夫だと安心しています。拙い絵本を読んでくれたヤヌさん、今までありがとうございました。

【それから】
レビューや伝言板などでコメント下さったたくさんのヤヌさんへ。
出来る限りお返事は私のクリエイター情報の【みんなの声】にあります。古いものはお返事出来ていない方もいるかもしれませんが、暖かいコメント、全て読んでます。
有難うございました。
スキのキモチでおなかミチミチです。



著2011.5.17~2014.12.14

この作品のタグ

作品レビュー

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません