このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

聖書物語~悪魔の書の復活~

小説 ファンタジー

聖書シリーズ

聖書物語~悪魔の書の復活~

ヒロタカ

世界には様々な『本』が存在する。その中には、『読んではいけない本』も存在する。

休載中

37ページ

更新:2011/11/08

説明

世界の中心にある国、ライブラ。

『本の国』と呼ばれたそこには、大量の書物が保管されている。

だがその書物の中には、『保管』ではなく『封印』された『読んではいけない本』という物が存在していた。

悪魔の書『ゴエティア』。
悪魔を地上に召喚することの出来る本で、読んだ者を操り、悪魔の『生贄』にしてしまう邪な本。

魔導の書『グリモワール』。
魔精霊を召喚する本で、見た者を魔の道に引きずり込み、魂を吸い取って心の無い人形に変えてしまう魔の本。

偽典の書『ガリオス』。
世界中に存在する魔の物を記し、その模造を召喚する事が出来るが、読んだ者を少しずつ魔の物に変え、本の頁にしてしまう呪いの本。

そして、聖なる書『クリア』。
天界から天使や武器を召喚し、悪魔を殺すことが出来るが、読んだ者の寿命を縮めてしまう古の本。

そんな『読んではいけない本』の一つ、『ゴエティア』の封印が何者かの手によって解かれてしまう。

封印から解放された『ゴエティア』は、主を求めて世界中に散らばった―――。

これは『聖書物語~七つの大罪の悪魔達~』のリメイク作品です。
また、世界観や人物設定が大幅に変更されていますので、そこの所宜しくお願いします。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

ヒロタカさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません