このページのリンクアドレス

エブリスタ
その犬は『ねぇね』の呼び名を持つ。

小説

その犬は『ねぇね』の呼び名を持つ。

世向 晴

私の大切な女の子。いつまでも笑っていてください。

完結

23ページ

更新:2016/03/10

説明

 
――『ねぇね』

それが私の呼び名です。
いいえ、名前ではありません。


私の“妹”が、そう私を呼ぶのです。


私はどこをどう見ても
正真正銘の柴犬。
けれど彼女は、私を『ねぇね』と
呼ぶのです。

かわいらしい、愛しい笑顔を浮かべて。



====



柴犬の考えなどは脚色・創作していますが、
内容自体はほぼ実話の物語です。


批判、誹謗中傷はお止めください。
ご指摘承ります。


当小説に嫌悪感を抱かれた方は
速やかにバック、または
ホームボタンを押されますよう。


大丈夫、という心広き貴方様。
長らくお待たせ致しました。
それでは、どうぞごゆっくりと
お楽しみください。


完結:20110629
編集調整:20110630
世向 晴著、第二作。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

世向 晴さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません