このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

闇夜に舞う紅き蝶 <紅梅ノ愛>

小説 歴史・時代

浅葱羽織と蒼い蝶

闇夜に舞う紅き蝶 <紅梅ノ愛>

高倉 御翔

凛とした声で紡がれるのは真っ赤な過去。彼女は再びその手を朱で濡らすーーーー。

休載中

233ページ

更新:2015/03/27

説明

  


「私は、女を捨てたんだよ」

目覚めた彼女は男のなりをしてそう言った。



「俺はここを出ていく」

あまりに唐突に訪れた別れ。



「おかえり、蒼妃」

ようやく現れた待ち人に原田は――。




死の淵から生還した彼女は、彼らを絶望に叩き落とした。
ようやく帰ってきた彼女が語るは過去か未来か。

運命は片時たりとも安穏を与えてはくれないらしい……


衝撃の続編、好評連載中!!!!




      ◇  ◇  ◇


作品ファンサークル[リンク]開設



本作は『闇夜に舞う紅き蝶<緋桜ノ涙>』[リンク]の続編です。前作を読んでからの閲覧をオススメします。


【こちらもよろしくお願いします】

外伝→[リンク]
リクエスト短編集→[リンク]

※史実は丸無視で進みます
※前作を読んでいる前提で話は展開しています
※表紙は前作同様はとむぎ様に描いていただきました(*^^*)

(素敵なタグを募集中です♪)

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

高倉 御翔さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

サポーター特典

スターを投げるとサポーターポイントを獲得できます。

この作品の参加イベント